失敗しないカードローンの借り換えナビ

失敗しないカードローンの借り換えナビ

HOME >>  カードローン借り換えのメリット・デメリット

カードローン借り換えのメリット・デメリット

どんなものにもメリットとデメリットが存在するもの。世の中、メリットだけの話なんてそうそうありません。そこで今回はカードローン借り換えのメリットとデメリットについて考えてみましょう。まずはメリットから。こちらは非常に分かりやすく、金利のダウンがあげられるでしょう。なぜカードローンの借り換えを行うかと聞かれれば大半の人は月々の負担を減らしたいからと答えるはず。まさにその通りで、カードローン借り換えを行うことで利息を少なくして負担を緩和することができます。

基本的には消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利が低いと言われており、そちらに借り換えることで数%の金利減が望めます。また、支払いが楽になるのもメリットのひとつ。カードローンの借り換えを利用して複数の借り入れをひとつにまとめることが出来れば、今までバラバラだった支払いが一回で済むようになるのです。ピンと来ないかもしれませんが、これは実際にやってみると予想以上の効果。一月に何度も返済があると、ついつい忘れてしまって延滞したりすることもあるのですよ。

では、ここからは逆にデメリットも見てみましょう。基本的にデメリットは少なめとされるのですが、総量規制については覚えておいてほしいところ。複数の借り入れをひとつにまとめた際、その合計金額が年収の3分の1を超えてしまうと、総量規制の関係から借り入れの後の追加借り入れができなくなってしまいます。ただ、銀行カードローンについては総量規制の対象外であり、3分の1を超えても大丈夫なことがあります。追加融資が癖になってしまっている人にとっては辛いかもしれませんが、追加追加ではいつまでも返済が終わりません。

これに加えて借り換え時の手間や借り換え先選びもデメリットに入るでしょうか。自分で借り換えを申し込んだりしないといけないので、そこまでではありませんが、やはり時間がかかります。忙しいサラリーマンの方などは何とか時間を捻出してください。

© 2016 失敗しないカードローンの借り換えナビ All Rights Reserved.